機能開発研究グループ

研究室一覧へ

メンバー

グループディレクター:篠崎一雄 (理学博士)

篠崎一雄は名古屋大学大学院理学研究科、分子生物学専攻で理学博士を取得した。学論文は「T7ファージの不連続複製の分子機構」。国立遺伝学研究所、分子遺伝部の研究員としてタバコ葉緑体の遺伝子のクローニングと構造機能解析をはじめた。その後、名古屋大学、生物学科助手、同遺伝子実験施設助教授としてタバコ葉緑体やシアノバクテリアの遺伝子の構造と発現解析を進めた。1986年にはタバコ葉緑体ゲノムの全塩基配列を初めて決定した。その後ロックフェラー大学に留学し、トランスジェニック植物の研究技術を習得した。1989年には理化学研究所、筑波研究所の植物分子生物学研究室の主任研究員に就任し、シロイヌナズナを用いて植物の環境ストレス応答、耐性獲得の分子生物学的研究を進めた。1999年には理化学研究所ゲノム科学総合研究センター、植物ゲノム機能情報研究グループのプロジェクトディレクターとしてシロイヌナズナの完全長cDNAの収集、マイクロアレイによる発現解析、トランスポゾンタグラインの整備を行いゲノム機能研究を実施した。2005年には理化学研究所、横浜研究所、植物科学研究センター長に就任して植物科学の推進に努めている。 またさらに2010年4月より理化学研究所バイオマス工学研究プログラムのブログラムディレクターに就任した。2013年4月より理化学研究所環境資源科学研究センターセンター長。

機能開発研究グループのメンバーはつくば、横浜、和光の3カ所で研究に取り組んでいます。

つくばメンバー     / 横浜メンバー / 和光メンバー


2016年4月

グループディレクター
篠崎 一雄
研究員
藤田 美紀
研究員
浦野 薫
研究員
高橋 史憲(バイオマス研究基盤チーム
特別研究員
佐藤 輝
基礎科学特別研究員
金 俊植
テクニカルスタッフ
水門 佐保
テクニカルスタッフ
小林 裕子(バイオマス研究基盤チーム
テクニカルスタッフ
菊池 沙安
アシスタント
正代 初代
アシスタント(特任職員)
小澤 久美子(バイオマス研究基盤チーム
研究支援パートタイマー
下田 芙裕子
研究補助パートタイマー
衞藤 美智江(バイオマス研究基盤チーム
研究補助パートタイマー
松尾 久美子(バイオマス研究基盤チーム

 

横浜メンバー     / つくばメンバー / 和光メンバー

グループディレクター
篠崎 一雄
上級研究員
黒森 崇
上級研究員
持田 恵一(セルロース生産研究チーム
研究員
明賀 史純
テクニカルスタッフ
杉本 絵理子
テクニカルスタッフ
大橋 千広
研究補助員
河野 政江
研究補助員
石原 郁子
研究補助員
桜井 都子
アシスタント
吉満 朋子

 

和光メンバー     / つくばメンバー / 横浜メンバー


2016年8月 和光(南地区 屋外温室横)

グループディレクター
篠崎 一雄
専任研究員
中野 雄司
特別研究員
山上 あゆみ
特別研究員
宮地 朋子
テクニカルスタッフ
上出(鴇田) 由希子
研究補助員
佐伯 和代
研究補助員
鈴木 祐子
研修生
島袋 渚
研修生
山田 朋也
研修生
丸上 萌々
研修生
竹野 駿
研修生
川島 萌華
研修生
宮澤 舞
研修生
田口 玲花
研修生
田中 雄一朗